心を安定させる抗うつ剤と上手く付き合おう|気持ちの不安さようなら

種類ごとに特徴を知る

錠剤

飲むことによって精神的な落ち込みを改善できる抗うつ剤ですが、色んな種類があるため、それぞれの特徴を把握し自分にあった物を選んでおくことが必要になります。また、副作用も考え身体にあったものを選んでおきたいところでしょう。抗うつ剤は大きく分けて三環系抗うつ剤と四環系抗うつ剤、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬などに分けられます。古い種類であれば三環系抗うつ剤ですが、いまでは副作用の強さから処方する医院はほとんどないといわれています。少しずつ副産物の強さが改善された抗うつ剤が増えつつあるため、それらを選んでおくことで体調不良に悩まされることなくうつのケアを進められるでしょう。

うつ病になってしまうことで、中々思ったような眠りができないと悩む人もいるかもしれません。精神科や心療内科ではこのような症状に悩む患者のために睡眠薬や気持ちを落ち着かせる効果を持つ抗うつ剤を処方してくれるところがあります。十分な睡眠を確保することにより、脳からの指令が安定するようになるので、徐々にうつの症状を和らげていくことができるでしょう。そのためには、まず医師と現在の症状についてじっくり話を進めておくことが必要です。悩みにあった抗うつ剤を選び、飲むことがうつ病治療の中でとても重要なポイントになってくるでしょう。精神科や心療内科は数が増えているということで、その分サポートも手厚くなっています。無料でカウンセリングに対応しているところが多いため、気軽に抱えている症状について話ができるといわれています。

気分のゆらぎが多く、安定しない状態が続くようであればスルピリドといった即効性のある抗うつ剤を選んでおくことが必要です。抗うつ剤の中にはドーパミンを増やす働きを持つものもあり、落ち込んだ気分から抜けることが叶うでしょう。しかし、心配されるのが副作用です。ホルモンバランスが不安定になることが挙げられ、肌の調子が悪くなったり、神経症状によって些細な音に敏感になったりといった症状が気になるといわれています。過剰摂取となると副作用は深刻になってしまうので、事前に医師から用法用量についてしっかり説明をしてもらう必要があります。なお、スルピリドはその効果の強さから統合失調症の治療に用いられており、精神科や心療内科に関連する病の治療において欠かせない存在といえるでしょう。

抗うつ剤ときくとやはり副作用によって日常生活に支障をきたしてしまうことでしょう。精神科や心療内科によっては薬を用いない治療を取り入れているところもあります。気分転換の方法や考え方の変え方など色んなアドバイスを送ってくれます。なお、このような治療において重視しておくのが相談しやすい医師やカウンセラーであるかということです。長くお世話になる医院であるため、まずは自分にあった治療が受けられるか見極めておきたいところでしょう。実際にうつ病や統合失調症の改善のために通った人の感想を知るのも大切です。セミナーや交流会を開催していたり、ネットで体験談が紹介されていたりするため、そのような機会を利用して情報を集めておくと良いといえます。

To Top