心を安定させる抗うつ剤と上手く付き合おう|気持ちの不安さようなら

身体にあったケア

服用

うつ病治療のために抗うつ剤を飲むという場合は、どのような副作用を起こす可能性があるか知っておく必要があります。なお、種類によって見られる副作用に違いがあり、飲み方や量によってもレベルは変わってきます。日常生活に支障が出ないよう注意しながら抗うつ剤と付き合っていく必要があるでしょう。最近では選択的セロトニン再取り込み阻害薬といったうつの改善に効果的な治療薬が処方されています。なお、懸念される副作用といったら胃腸障害や下痢が挙げられるでしょう。胃が痛くなったり、トイレが近くなったりするので飲むタイミングは考えておきたいところです。また、消化の良い食事を心がけておくことも選択的セロトニン再取り込み阻害薬と上手くつきあうためには大切です。

胃腸障害の他にも多く見られるのが眠気です。選択的セロトニン再取り込み阻害薬に限らず多くの抗うつ剤で起こるので、仕事中の眠気を回避したい場合は飲む量を考えたり、事前に十分な睡眠をとっておいたりすることが肝心になってきます。なお、うつ病が深刻であると抗うつ剤の量を抑えるのは難しいことでしょう。そのためにも定期的に医院に通い細やかなカウンセリングを受けておくことも重要になってきます。また、自分の希望にあったタイミングで寝付くことが難しい場合は睡眠導入剤を処方してもらうという手もあります。眠気といった副作用の問題を回避するためにも、色んな工夫が必要になってくるでしょう。

抗うつ剤を服用することにより、副交感神経に負担が掛かってしまうこともあります。それにより身体症状が見られることもあるでしょう。主な症状といったら口内の乾き、目の乾燥が挙げられます。こまめに水分をとったり、目に負担の掛かる作業をしすぎないようにしたりして負担を最小限にしておくことが求められるでしょう。他にも尿路が炎症するといった症状を引き起こす抗うつ剤もあり、その影響で排尿に支障をきたす恐れもあります。これらの症状が起こると精神科や心療内科以外の医院での治療も必要になってきます。そのような負担が重くならないためにも慎重に抗うつ剤を摂取していくことが必要でしょう。

気分を安定させるために抗うつ剤が処方されますが、副作用の重さからうつ病の悪化であると捉えられる可能性もあります。その結果抗うつ剤の量が増えてしまったという例もあるでしょう。そのようなサイクルに陥ってしまうと、うつ病の克服が更に難しくなってしまいます。そのためには正しい判断が求められるため、しっかりと知識を持った医師へ相談しておくことが大切でしょう。主にうつ病の悪化と捉えられる症状といったら、手の震えや不必要な歩き回りが挙げられます。いつもと違った行動や運動が多くなったと感じたら、薬の量を減らすか、増やさずに様子を見ておくかなどをして冷静に判断をしておくことが大切でしょう。また、家族にも服用している抗うつ剤の作用について話しておくことも大切です。周りによるサポートを重きに入れている場合は特に重視しておきたいポイントであるため、精神科や心療内科での治療を受ける際には同行してもらい、医師からの説明を一緒に聞いておくのも良いかもしれません。

To Top